abrAsus(アブラサス)薄い財布の素材、「エンボスレザー、スムースレザー、イタリアンレザー、ブッテーロレザー、ガラスレザー、栃木レザー、どの素材が一番いいの?革レザーを徹底比較!」人気おすすめランキング6選!


今回は「abrAsus(アブラサス)薄い財布の素材、”エンボスレザー、スムースレザー、イタリアンレザー、ブッテーロレザー、ガラスレザー、栃木レザー、どの素材が一番いいの?革レザーを徹底比較!”人気おすすめランキング6選!」をご紹介します。

 
Sponsored Link

 

「abrAsus 薄い財布の革レザー種類」 人気おすすめランキング6選!

エンボスレザー


 薄い財布_エンボス加工1
こちらの「エンボスレザーver.」は、薄い財布の一番最初の製品です。流通数やバリエーションも多いスタンダードモデルで、価格はローエンドです。
エンボスレザーは、別名「型押し革」とも呼ばれ、革をなめした後に銀面(革の表面)をプレスすることで独自の表現をつける加工法の事を指します。元々は、品質の悪い革を少しでもよく見せるための加工法とされていましたが、近年の技術の向上で、クロコダイル・オーストリッチ・パイソンなどのいわゆる高級皮革と比較しても遜色のないエンボスレザーが作られています。エンボスレザーの特長は、既に革がプレス加工されているため、傷や汚れが目立ちにくい所です。一方、デメリットはレザーのエイジングが楽しめない点でしょうか。またクロコダイルやオーストリッチのようなボツボツした質感のレザーが苦手な方にはおすすめ出来ません。
  
 
名称未設定-10 
 

スムースレザー

薄い財布_スムースレザー 
デザイン性の高いブリーフバッグで有名なOrobianco(オロビアンコ)のCEO兼デザイナー、GIACOMO VALENTINI氏(ジャコモ・バレンティーニ)とのコラボモデルで「スムースレザー」が採用されています。「スムースレザー」はその名の通り、smooth(なめらか)な革を指します。スムースレザーと呼ばれる革は定義が広く種類も様々ですが、薄い財布では革の銀面(外側)をそのまま用いた「銀付き革」を使用しているのでしょうか。「銀付き革」は本来の風合いを活かした革なので、レザー独特の風合いやエイジングを楽しめます。一方、コーティングがほとんど無いために耐久性や耐水性が低いのがデメリットです。またこちらのモデルは、表裏のカラーリングがツートンデザインのため、好みが分かれる所だと思います。

 
販売サイトを見る(50070)

 

イタリアンレザー

薄い財布_イタリアンレザー

「薄い財布 シエナ」というラインで販売している最新モデルに「イタリアンレザー」が採用されています。イタリアンレザーとは、イタリアで創出されている革素材の総称として使われているため、厳密な定義や種類はありません。薄い財布では、イタリア・MPG社が提供する植物タンニンなめしのプルアップレザー(ブッテーロレザー)である「シエナ」を採用しています。「シエナ」の特長は、財布向けに薄くすいてもコシが残り、表面に熱を入れても透明感と微妙な色ムラを失わない所にあります。また、使い込むほどにアメ色になったりと経年変化が楽しめたり、革内部にまで含浸したオイルが手に吸い付くような独特の肌触りも特長です。イタリアンレザーのデメリットは、摩擦などによる色移りと、革が濡れた際シミになりやすい点が挙げられます。加えて、こちらのイタリアンレザーバージョンには、カラーバリエーションでブラックがないため、「ブラックの薄い財布が欲しい!」という方は、必然的に候補から外れるでしょう。

販売サイトを見る(50070)
 
 
Sponsored Link

 
 

ブッテーロレザー

薄い財布_ブッテーロレザー

薄い財布で採用されている「BUTTERO(ブッテーロ)」とは、イタリアのトスカーナ地方でワルピエという小さなタンナーが作っている、タンニンなめし革(オイルドレザー)です。使われている革の部位は、牛一頭からたくさんとれる革ではないので、希少性の高い革で知られています。イタリアの伝統的手法で、このブッテーロ革は100%タンニンでなめされ、植物性のオイルが加えられます。ブッテーロレザー最大の魅力は、エイジング(経年変化)の素晴らしさでしょう。使い込むほどに味わいを増していくのは、革製品全般に言える魅力ではありますが、特にブッテーロ革に関しては、お手入れ次第で目を見張るほど美しいエイジングが楽しめます。一方でブッテーロレザーは、革らしい素朴な風合いを大切にしているからこそ難しい一面もあります。まず挙げられるのが、表面にトラと呼ばれるシワや傷が見られることです。この点については、デメリットというより「革ならではの魅力」と捉える方が圧倒的に多いです。また、後天的な傷やシミにも弱いという欠点もあります。これはエイジング(経年変化)を阻害しない、タンニンなめしならではのデメリットとも言えます。濡れた状態で擦ると、色移りを起こしやすい点にも注意が必要です。
   

販売サイトを見る(50070)

 

 
 

ガラスレザー

薄い財布_ガラスレザー
「薄い財布 classic(クラシック)」という商品ラインで採用されているのが、「ガラスレザー」です。ガラスレザーとは、革をなめした後にガラス(アクリル板など)に革を貼り付け乾燥させ、最後に合成樹脂で仕上げたものです。ガラスレザーは耐水性と強い光沢感が特長ですが、水分で構成されている乳化性の靴クリーム等が浸透しない為、栄養補給やキズ補修が通常の革と比べて難しい点がデメリットです。ロックファッションの定番ブーツ「Dr.Martens」を想像頂くと分かりやすいでしょう。またこちらの「ガラスレザーver.」は、他の財布とは唯一異なる商品仕様があります。それは財布の表面に「abrAsus」というブランドロゴが入らない点です。ロゴの有無は好みですが、「ブランドロゴが前面に主張しているのは好きじゃない!」という方にとっては、購入の決め手になるようです。

販売サイトを見る(50070)

 

 
 

栃木レザー 

薄い財布_栃木レザー

植物タンニンなめし革の専門タンナー、栃木レザー株式会社が手がける革を総称して「栃木レザー」と呼んでいます。栃木レザー株式会社は、日本国内で唯一伝統的なピット製法で植物タンニンなめしを専門に行っている皮革メーカーです。「日本最高品質のレザー」と謳われている点が、栃木レザーの最大の魅力でしょうか。また栃木レザーは、じっくりとエイジングしていくのが魅力のレザーなので、「すぐに経年変化を楽しみたい!」という方には向かないでしょう。さらに商品価格帯は、今回紹介の商品の中で一番高額です。ちなみに「栃木レザーver.」は高島屋限定モデルなので、高島屋でしか購入することが出来ません。
  

販売サイトを見る(50070)
 
 

Sponsored Link