登山・ハイキングの靴&シューズ、「おしゃれ・軽い・滑らない、初心者向けのアウトドア用登山靴!サロモン・ファイブテンからノースフェイスまで!富士山や雪山登山でも安心!」人気おすすめブランドランキング5選!


今回は、「登山・ハイキングの靴&シューズ、”おしゃれ・軽い・滑らない、初心者向けのアウトドア用登山靴!サロモン・ファイブテンからノースフェイスまで!富士山や雪山登山でも安心!”人気おすすめブランドランキング5選!」をご紹介します。

 
Sponsored Link

 

「おしゃれ・軽い・滑らない!初心者向けの登山靴!」人気おすすめランキング5選!

Salomon(サロモン)/X Ultra 2 MID GTX

salomon1
サロモンのシューズに対するこだわりはソールにあります。そしてシューズは足型さえ合えば、あとはソールの性能次第です。大半の登山靴ブランドが自社開発・製造を諦めイタリアのビブラム社製ソールを採用する中、サロモンは全ラインナップにモデル毎に最適化されたソールを使用しています。同社の強みはスキー板の製造で培われた異素材の接着技術。他社の大半のソールが1枚〜2枚程度の素材を重ね合わせて剛性やクッション性を生み出しているのに対し、このモデルは4枚の異素材を貼り合わせています。異素材の接着は難しく、その数を多くするほど耐久性や工程増に伴うコスト増にメーカーは頭を抱えるものですが、そこはサロモン、得意のスキー板の生産ラインを流用することでここまで低価格で実現させています。日本では後発のブランドなだけにマイナー感がありますが、この様な背景を知ると人と被らないこだわりのブランドに見えてきますよね。X ULTRA 2 MID GTXはゴアテックス採用の防水でありながらムレにくいシューズ。特に下りに重宝する足首をしっかりとサポートしてくれるミドルカットタイプです。ソールは泥濘から岩場までしっかりとグリップし、登山靴特有の硬さも重さも無く、スピードハイキング時には走ることもできるくらいのしなやかさを備える秀逸な一足です。
 

名称未設定-10 
 

 

Salomon(サロモン)/XA PRO MID GTX

XA PRO MID GTX 
 X ULTRA 2 MID GTXよりも激しい起伏の地形や重い荷物を背負うことに向いたシューズです。ソールに剛性の高いレイヤーを入れ、路面の凹凸の影響を受けにくくなっています。X ULTRA 2 MID GTXと並んで選んで間違いのないシューズだと思います。より軽快な登山をされたい方はトレイルランニングシューズの流れをくんだX ULTRA 2 MID GTXを、やっぱり登山靴にはガッシリ感を求めたいと言う方はこちらがお奨めです。

 
販売サイトを見る(50070)

 

FIVE TEN(ファイブテン)/CAMP 4 MID GORE-TEX

CAMP 4 MID GORE-TEX

多くのクライマーや山岳ガイドに愛用されてきた同社のベストセラー「キャンプフォー」に待望のGORE-TEXモデルが誕生しました。大きなザックを背負っての多泊縦走にも対応します。抜群のフリクション性能(グリップ性能)を発揮する同社オリジナルのステルスソールが、新しいソールパターンに進化しています。大キレットやジャンダルム、槍・穂高の山々に挑む時の足元にはこれを履いておきたいですね

販売サイトを見る(50070)
 
 
Sponsored Link

 

 

Salomon(サロモン)/X Ultra 2 GTX

X Ultra 2 GTX

前述のX Ultra 2 MID GTXのローカットモデルです。登山を続けるうちに、やがて足回りに筋力が付いてきて靴の支えが無くても踏み堪えることが出来る方や、軽い荷物と足場の良いトレイルで軽快にスピードハイキングを楽しみたい方なら迷わずこの靴を手に取りましょう!
 
販売サイトを見る(50070)

 

 
 

THE NORTH FACE(ノースフェイス)/ヘッジホッグ ファストパックライト ミッド GORE-TEX

ヘッジホッグ ファストパックライト ミッド GORE-TEX
低山の縦走やファストパッキングに適した超軽量シューズがノースフェイスから登場。防水透湿性素材・ゴアテックス®をアッパー部分にインサートすることで、全天候に対応します。トレイルランニングシューズのような軽さでありながら、正しい歩行を促す技術・CRADLE™テクノロジーをミッドソールに搭載し、軽快感と安定感を両立しています。高いグリップ性能を誇るビブラム・エクスクルーシブソールを採用し、荒れた路面での行動にも安心感をもたらします。
 
販売サイトを見る(50070)


 
Sponsored Link